依頼することで時間をかけずに遺品整理|故人を見送る準備

遺品整理

大切な葬儀に送る言葉

和室

葬儀には参列したくても時間や距離が離れていることですぐには駆けつけることができないケースもあります。その葬儀が大切な人であった場合はなおさら駆けつけたい気持ちが大きくなるものです。葬儀に参列したくても参列できない場合は、弔電を利用すると良いでしょう。弔電とは、大切な葬儀に参列したくても諸事情によりどうしても参列できない場合があります。その際に弔意を文章にして送ることができる電報のことを言います。

現代は携帯電話の発達により、簡単に相手にメールで連絡を取ることができる時代になりました。ですがお悔やみの言葉を伝えたい場合は、電話やメールでは自分の気持ち的にも何かが足りないと思ってしまうこともあります。弔電を利用することで、形に残して遺族に伝えることができます。また弔電は申し込んだ当日に届けることもできます。やはり手紙を届けるとなると時間がかかってしまいますが、弔電はお届け先の一番近くにある電話局に伝えられるため、その日のうちに届けることができるのです。

弔電などの電報は電話で申し込みすることが可能ですが、最近はスマートフォンなどで手軽にネットを利用できる時代のため、ネットで申し込みする方も増えています。弔電を利用する際は電報の専用用紙を様々な種類の中から選ぶこともできます。献花の代わりとなる専用用紙を選択することもできるのです。大切な人の葬儀に参列できない場合は、弔電で気持ちを伝えることができます。