依頼することで時間をかけずに遺品整理|故人を見送る準備

遺品整理

目的に合わせたスタイル

ダンボール

一昔前の日本では亡くなった場合お墓を持つということが一般的な認識でしたが、時代の経過と伴にお墓を持たないスタイルも増えてきました。最近は散骨を行う人も多くなりましたが、その中に永代供養と言われるものがあります。永代供養とは、お寺や霊園が供養を代理で管理してくれることを言います。現代は高齢化社会と言われています。少子化が進み、承継者がいなかったりお墓の管理や供養で困ってしまう人も増えてきています。永久供養はそんな方達にとってメリットのあるスタイルとなっています。

永代供養と言っても1種類だけではなくいくつか種類がありますが大きく分けて2種類に分類されます。まず一定期間は管理してくれますが、33回忌や50回忌などが経過すると共同墓地で供養するものと、個々に墓石を建てることができる納骨堂の2種類に分けられます。また料金も建てる墓石のタイプや、供養の内容によって異なってくるのが特徴です。

京都には永代供養を行える寺院や霊園が数多くあります。施設によって発生する費用も変わってきます。京都にある施設では、お墓を維持費よりも比較的安く永代供養を行える施設も京都にはあります。共同墓地の場合は一度費用を支払えば後は一切料金がかからない利点もありますが、遺骨は合同となってしまいます。また一度埋葬された遺骨は掘り返すこともできません。京都で永代供養を利用する際は親族と相談して目的にあった選び方をするよ良いでしょう。