依頼することで時間をかけずに遺品整理|故人を見送る準備

遺品整理

トラブルを防止する

遺品整理

精神上に障害を抱えている方を不利益を被らないよう、安心した生活ができるようにと作られた制度が成年後見制度と言います。成年後見は本人やその家族の希望によって信頼がおける人を候補者として立てることができます。その後で家庭裁判所かた適任される流れになりますが、場合によっては、家庭裁判所が総合的に判断し、司法書士や弁護士が適任されるケースもあるようです。

最近は認知症になる高齢者が増えていることから、ますます成年後見制度を手続きする人が増えてくると言われています。その理由としては、日本は今少子化問題を抱えているからです。成年後見制度を聞いたことがない人も、将来的な問題に備えて今から理解していくことが必要です。

成年後見制度を利用される方に多いケースがあります。まず本人代理で銀行からお金を下ろしたくても、下ろせないことがあります。その際に銀行から成年後見制度を勧められることがあるそうです。成年後見制度を利用することで、悪質な商法や犯罪に巻き込まれることのないように後見人が防止をすることができ、大切な財産を守ることができるのです。

成年後見制度はすぐに利用できるわけではありません。期間はケースによって異なってきますが、3ヶ月から6ヶ月程度かかってしまいます。成年後見制度を希望される場合は、余裕を持ってなるべく早く手続きをすることが必要になります。早めに手続きをすることでトラブルを未然に防ぐことができます。